Nobuya Yamanaka is looking forward to returning to the Asian Le Mans Series this coming weekend for the second round of the championship following a fine podium first time out in China. The Japanese gentleman driver is seeking his second straight podium as he heads to his home circuit of Fuji Speedway (7-9 December).

Teaming up with Aidan Read once again in what is a genuine Pro-Am partnership, Nobu is looking forward to building on his experience gained in Shanghai and together with the Eurasia Motorsport team, working through an extensive practice programme in preparation for the 4H Fuji.

“It is quite exciting to have the second race meeting of the Asian Le Mans Series in Fuji Speedway in my home country,” Nobu said. “It’s my first time driving the Ligier LMP3 car at the track.

“I’ve driven this circuit before and I’ve also raced lots of different type of car this year, so I’m looking forward to building on my programme and perhaps I’ll perform a little better with my hometown advantage. I am looking forward to the race weekend very much and assisting my partner driver Aiden Read in bringing best result to Eurasia Motorsport.”

The race weekend starts on the Friday with an unofficial test, followed by the free practice session and then qualifying on Saturday evening. The 4H race gets underway at 12.00 local time.

山中信哉は、中国の初戦において見事に表彰台を獲得の後、今週末のアジア・ルマンシリーズ第2戦を楽しみにしています。日本のジェントルマンドライバー(山中信哉)は、彼のホームコース、富士スピードウエイでの2戦連続の表彰台を求めています(12月7日~9日開催)。

Aidan ReadとNobuは、再び純粋なプロ・アマチームを組みます。Nobuは、上海での経験を基に、Eurasia Motorsportsチームと共に、富士4時間レースに備え広範囲にわたる練習プログラムをこなすことを楽しみにしています。

Nobu曰く〝 アジアン・ルマン・シリーズの第2戦を、自分の国の富士スピードウエイに迎えられることはとてもエキサイティングです。″‶Ligier LMP3を富士スピードウエイで運転するのは初めてです。″

このサーキットでのレース経験はあり、また、この1年、異なる車で数多くのレースに出ているので、ホームコースのアドバンテージを活かして私のチームメイトのAidan Readをアシストし、Eurasia Motorsportsチームに最高の結果をもたらしたいと望んでいます。私は、このレース週末をとても楽しみにしています。

レースの週末は金曜日の非公式テスト走行から始まり、フリープラクティス、そして土曜日午後の予選へと続きます。4時間レースは正午(日本時間)にスタートします。