Nobuya Yamanaka and teammate Aidan Read left Fuji Speedway wondering what could have been as despite front running race pace the pair failed to build on their opening round podium.

Ultimately, a hub failure in the final hour put paid to their race, but the reality was that the atrocious wintery conditions resulted in a spin for Nobu an hour into the race and this effectively set the result, having lost four laps when a simple slip resulted in the car beached on the trackside kerbs.It was a real shame for the pairing as Nobu, leaning on his local knowledge of the Fuji Speedway, was running extremely competitively on fourth position and on pace with the leaders. The worsening freezing weather caught him out just when it was looking like he had the measure of the conditions.

Matters were made worse that the car was stranded awaiting assistance to re-join the field; instead of losing a few seconds, he lost laps and the race was effectively being over from that point.

Nonetheless, Nobu pushed on and handed the car to his young Australian teammate who set out to make a point, setting a series of fastest laps for the opening 40 minutes of his stint. This was promising for the future but ultimately disappointing on the day.

As the race drew into the final hour and pit stop for the Eurasia run Ligier, Read was set to run to the flag and a likely seventh place finish when a left rear wheel failure resulted in retirement with 45 minutes remaining on the clock.

“I am disappointed that we didn’t finish in the race” said Nobu. “It was my mistake that we spun out and at the time I was feeling quite in control on the cold and wet track. It was definitely unlucky that the car beached on the kerb as the spin was fairly small and should have been easy to recover from, I guess we were just unlucky this time”

Conditions should certainly be better for round three of the Asian Le Mans Series at the Chang International Circuit, Buriram, Thailand on January 10-12, when the pair will be looking to get back to podium-finishing form.

冬の富士は、『山中信哉』のアジア・ルマンシリーズ挑戦にダメージを与えました。

山中信哉とチームメイトのAidan Readは、トップ集団と互角のレースペースであったにも関わらず、初戦に続き表彰台を獲得できなかったことに納得がいかない思いを抱きながら富士スピードウエイを後にしました。

結局のところ、最終スティント走行中のハブトラブルが彼らのレースを打ち砕きましたが、しかし、現実的にはレース開始後1時間経過時点の冬型のひどいコースコンディションがNobuにスピンをもたらし、このちょっとしたスリップで車は縁石に乗り上げ4ラップをロスしましたが、結果的にはこのことがレースリザルトを決めたと言えます。

ペアに取ってそれは本当に残念なことでした。Nobuはホームコース富士スピードウエイのアドバンテージを活かし、トップの車両と同じペースで4位のポジションを戦い、そして、コース状況を伺っているときに、悪化する凍えるような天候が彼にミスを起こさせました。

車両が縁石で亀の子状態となり、コース復帰のための助けを待つ間は、数秒のロスではなく、何ラップもロスをすることになり、結果的にその時点でレースは終わってしまいました。

それにもかかわらず、Nobuは果敢に攻め続け、オーストラリアの若いチームメイトに車両を引き継ぎ、チームメイトは、彼のスティントの最初の40分間、ファステストラップを刻み続けました。これは今後に期待を持たせるものでしたが、最終的にこの日は期待外れに終わりました。

レースが終盤に入り、EurasiaチームのLigierは最後のピットストップを終え、Aidanはチェッカーに向け7位を走行中、リヤホイルのトラブルで45分を残してリタイアしました。

『レースを完走できなかったことに失望しています』とNobuは言っています。

スピンしたことは私のミスです。ただ、その時は、雨で冷えたコースの下、うまくコントロールできていると感じていましたし、スピンは小さなもので、リカバーは簡単なものでしたが、縁石に乗り上げたことはとてもアンラッキーで、今回は、ただただ、不運だったと思います。

1月10日~12日、タイのBuriramにあるChang International Circuitで開催されるAsian Le Mans Series第3戦、状況は良くならなければなりません。そして、二人は表彰台に戻ることを期待しています。